脂肪吸引.net

スポンサードリンク





スポンサードリンク

脂肪吸引の歴史について

脂肪吸引.net

今回は、「脂肪吸引の歴史」について、少し見ていきたいと思います。

「歴史」と言っても、まだ浅く、1980年頃が始まりだそうです。

フランスのイルーズという医師がカニューラという吸引法を用いたらしいです。

当時は、技術が今ほどでは無いために、的確な脂肪の吸引量も分からなくて、吸引量が足りずに思うようなスタイルにならなかったり、大量に出血してしまい輸血が必要だったりなんていう状況だったようです。
色々と模索していたのではないでしょうか。

しかし、現在では、技術や器具が高度に発達したため、期待できる効果も高く、もちろん安全性も高くなってきています。

また、当時ではただ脂肪を吸引するだけということだったかもしれませんが、現在なら吸引することによって理想のボディラインが生まれるよう吸引技術にも彫刻アートのような芸術性が期待できると思います。

ただし、それだけの効果をあげるには確かな技術が必要となってくるため、成功の鍵は医師が握っていると言っても過言ではないでしょう。

近年の脂肪吸引の進歩は著しいものがあります。

医師の技術の進歩はもちろんのこと、吸引管の工夫や開発、医療機器の高度な発達など、より安全性を高めていっているかもしれません。

しかし、これだけ進歩しているのにも関わらず知識も技術も足りない「専門医」がいるのこともまた事実なのです。

当然ですが、技術も知識も足りない医師が施術を行った場合、失敗する可能性も高くなります。近年の失敗のほとんどは、医師の技術不足によるものだと言われています。

失敗してしまうと、脂肪が変に除去されたり、思うようなスタイルにならなかったり、最悪のケースとしては、人体にまで悪影響を及ぼす場合があるのです。

こういう失敗がないよう、医師側の技術向上はもちろんとして、患者側の見極めの力も重要になってきます。










posted by 脂肪吸引.net管理人 at 12:37 | 脂肪吸引の方法

顔(頬)の脂肪吸引について

頬の脂肪吸引
-------------

ぽっちゃり顔であるとか、頬がふっくらしてるとか、顔についての悩みがある方も結構いらっしゃるとと思います。

頬がたるんでしまっていると、実際の年齢より老けて見えることもあり、悩みはさらに大きくなったりすることがあります。

そこで効果があるのが「頬の脂肪吸引」です。
頬の脂肪を摂ってしまうことで「たるみ」を解消でき、スッキリとした印象になります。
頬がスッキリしていると、年齢よりも若い印象を与える可能性もあるため、若返りの効果があるとも言われています。

しかし、心配なのは「失敗することはないのか?」と言うことだと思います。
頬の脂肪吸引だけでなく、脂肪吸引の仕上がり具合は、施術する医師の技術によって大きく変わってくると言っても過言ではないと思います。
技術、経験、知識のある医師が施術を行う場合であれば、失敗を心配することはほとんどないかもしれませんが、そうでない医師が施術した場合には、逆に頬がたるんでしまったり、老け顔になってしまったりという失敗をする可能性が高くなってきます。

ですから、施術する際には、よく医師と相談をした上で決めた方がいいと思います。

実際に頬の脂肪吸引を行ったあとは、しばらくの間、腫れてしまいます。ですので、腫れを防ぐ、またはたるみを抑えるためにテーピングをする必要があります。
このテーピングをすることで頬の引き締め効果を期待することもできます。
テーピングをするのは通常なら2〜3日程度ですので、施術の際にはそのことも頭に入れておくようにしましょう。

以上のことを踏まえて、頬のたるみなどが気になるようでしたら、「頬の脂肪吸引」を考えてみてはどうでしょうか。




posted by 脂肪吸引.net管理人 at 12:38 | 脂肪吸引 上半身
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。