脂肪吸引の方法:脂肪吸引.net

スポンサードリンク





スポンサードリンク

脂肪吸引の歴史について

脂肪吸引.net

今回は、「脂肪吸引の歴史」について、少し見ていきたいと思います。

「歴史」と言っても、まだ浅く、1980年頃が始まりだそうです。

フランスのイルーズという医師がカニューラという吸引法を用いたらしいです。

当時は、技術が今ほどでは無いために、的確な脂肪の吸引量も分からなくて、吸引量が足りずに思うようなスタイルにならなかったり、大量に出血してしまい輸血が必要だったりなんていう状況だったようです。
色々と模索していたのではないでしょうか。

しかし、現在では、技術や器具が高度に発達したため、期待できる効果も高く、もちろん安全性も高くなってきています。

また、当時ではただ脂肪を吸引するだけということだったかもしれませんが、現在なら吸引することによって理想のボディラインが生まれるよう吸引技術にも彫刻アートのような芸術性が期待できると思います。

ただし、それだけの効果をあげるには確かな技術が必要となってくるため、成功の鍵は医師が握っていると言っても過言ではないでしょう。

近年の脂肪吸引の進歩は著しいものがあります。

医師の技術の進歩はもちろんのこと、吸引管の工夫や開発、医療機器の高度な発達など、より安全性を高めていっているかもしれません。

しかし、これだけ進歩しているのにも関わらず知識も技術も足りない「専門医」がいるのこともまた事実なのです。

当然ですが、技術も知識も足りない医師が施術を行った場合、失敗する可能性も高くなります。近年の失敗のほとんどは、医師の技術不足によるものだと言われています。

失敗してしまうと、脂肪が変に除去されたり、思うようなスタイルにならなかったり、最悪のケースとしては、人体にまで悪影響を及ぼす場合があるのです。

こういう失敗がないよう、医師側の技術向上はもちろんとして、患者側の見極めの力も重要になってきます。










posted by 脂肪吸引.net管理人 at 12:37 | 脂肪吸引の方法

脂肪吸引とは


「脂肪吸引」という言葉を耳にする機会ってあると思うのですが、実際、脂肪吸引とは一体どのようなものなのでしょうか?

「脂肪吸引」とはストローみたいな金属製の吸引管(カニューレ)を使って、脂肪そのものを吸引してしまうという外科手術です。

ただし、脂肪にも吸引できるものとできないものがあり、「皮下脂肪」は吸引出来ますが、残念ながら「内臓脂肪」は吸引が出来ません。

脂肪自体にはあまり重さがない為、脂肪吸引を行っても体重はそんなに減りませんが、余分な脂肪をなくすことによって、見た目はスッキリとしてくるとおもいますので、ダイエットが成功したような感じにはなるかと思います。

また、短時間で、確実にやせたい場所をやせさせることが出来るというメリットがあります。
通常のダイエットですと「部分痩せ」と言うのはなかなか難しく、思うようにダイエットできないということがありますよね。
例えば、お腹回りのダイエットをしたかったのに、気が付いてみると「胸が小さくなっていた」とか、わりとよく聞く話だと思います。

また、脂肪細胞は一度除去したら増えないので、その吸引した場所のリバウンドは起きないと考えていいと思います。
ただ注意していただきたいのは、食べ過ぎなどによって脂肪が膨張することはあるかもしれないので、一概にリバウンドしないとは言えませんが。

脂肪吸引が行える部分ですが、最近は、技術が向上しているので、大半の部分で脂肪吸引が出来ます。
主な吸引場所としては、ほほ・あご・二の腕・お腹回り・お尻・太ももなどが挙げられます。

また脂肪の再利用というわけではないですけど、吸引により除去した脂肪を胸に注入する豊胸の方法もあるようです。

ただし、脂肪は取りたいだけ除去できるかと言うとそういうわけでもなく、個人差はありますが、筋肉の量や肥満度などから判断して、除去できる脂肪の量が決まるようです。



posted by 脂肪吸引.net管理人 at 18:51 | 脂肪吸引の方法

脂肪吸引 実際の施術の流れ

こんにちわ^^
ご訪問ありがとうございます。
今回は、
「実際に脂肪吸引を行うときは、どのような流れで行っていくの?」
について、書いてみようと思います。
一般的な流れに関しての説明なので、参考程度にしかならないかもしれませんがご紹介したいと思います。

まずはじめに、美容外科やクリニックなどでカウンセリングを受けます。
脂肪吸引をしたい場所・悩んでることなどをカルテや問診票に記入します。
この時に、「どれだけ親身になって相談にのってくれるかどうか」などで、ある程度その美容外科やクリニックを判断する目安になります。

例えば医師ではない人間がカウンセリングを行ったり、質問にきちんと答えてくれなかったり、こちらの状態をよく把握していない内にやたらと施術を進めてきたり、そのようなクリニックなどは避けた方が無難かと思います。
また、脂肪吸引のことだけでなく、運動療法や食事療法など痩身・ダイエットに関することを相談できるところなどは、よりベストなところではないでしょうか。

そして次に脂肪吸引するときのデザインなどを確認しておきます。
施術の結果、自分がどのような形・スタイルにしたいのかを明確に確認しておきましょう。

実際の脂肪吸引手術は、基本的に局所麻酔で行われます。
ですので、痛みを感じることなく手術を受けることが可能です。施術時間ですが、これは施術箇所にもよるのですが、短くて30分〜1時間程度、長い場合だと3〜4時間程度かかります。
ほとんどの場合、日帰りが可能です。ただ場合によっては入院が必要なこともあります。

あと術後の痛みですが、基本的には筋肉痛程度だと思っていただいてよいと思います。ただ施術箇所や範囲によっては痛みの程度が強くなる場合もありますので、痛み止めやアフターケアがきちんとしているかどうかも考慮してクリニックなどを選ぶようにしましょう。



 
posted by 脂肪吸引.net管理人 at 11:25 | 脂肪吸引の方法

切らない脂肪吸引

メスを使わない「脂肪吸引」

脂肪吸引というと、カニューレを挿入する場所をメスで切開する必要が
あると思われますが、メスで切開する分、体へ負担がかかってしまうのは避けられないことです。

しかし、最近ではメスで切開しなくてもよい脂肪吸引の方法があるということを知ってますか?
本当は、このメスで切開を行わない方法のことは「脂肪吸引」とは言わないようなのですが、感覚的に「脂肪吸引」といった方が分かりやすいかと思うので、ここではあえて「脂肪吸引の方法」としてお話させていただきたいと思います。

メスで切開しない脂肪吸引!
これは「カーボメッド」、「メソセラピー」という新しい方法なのです。

<メソセラピーとは?>
この方法では、「本来の脂肪吸引」で必要な、「メスでの切開、麻酔をかける」ということは行いません。(注:例外として麻酔を使うこともあります)
注射器によって複数の薬を体内に注入するということを行います。
注射器の針がかなり細いので、ほとんど痛みを感じることはないようです。施術も短時間で終わります。
注入した薬剤が脂肪を溶解する働きをするわけなのですが、一度の注入量には限界があるため、数回にわたって施術が必要になるということが難点です。ただ、切らなくてもよいので、脂肪吸引にちょっと抵抗があるという人にとっては興味のある方法かもしれません。

他に「カーボメッド」という方法もありますが、この方法は体内に「炭酸ガス」を注入するという方法です。
ここでは詳しいことは省かせていただきますが、どちらの方法もメスをわない分、体への負担は少ない施術方法だということです。



   
posted by 脂肪吸引.net管理人 at 12:35 | 脂肪吸引の方法

脂肪吸引とは? 色々な脂肪吸引法

ご訪問ありがとうございます^^

当ブログでは、
脂肪吸引とは?費用は?
効果は?などなど、
脂肪吸引についての情報を
色々見ていきたいと思います。


脂肪吸引って、どういうものなの?

脂肪吸引と言うと、ほとんどの人はお腹の脂肪を
取ることだと思うかもしれません。
しかし脂肪吸引が出来る箇所というのは体全体に
あり、頬やあご、二の腕、お腹、お尻、ウエスト、
背中、太もも、ふくらはぎ、足首などさ様々な箇所があります。

実際に脂肪吸引をするときは、「カニューレ」と呼ばれるストロー状の細い管みたいなのを使って、皮下脂肪を吸引するという方法を行います。
脂肪吸引を行いながら体のラインを整えていくという部分的な痩身術というところでしょうか。

脂肪吸引の方法というのは、それぞれの美容外科やクリニックによって異なる方法があるので、説明をきちんと聞いて自分に合った方法を選択することが成功する秘訣だと思います。

それでは、脂肪吸引には、どのような施術方法があるのでしょうか?


【超音波脂肪吸引法】
カニューレと呼ばれるストロー状の管で脂肪を吸引する方法です。
吸引する部分の外側から超音波をあてて、その温熱作用により脂肪をやわらかくして吸引するという方法です。

【ウエット・メソッド脂肪吸引法】
カニューレから生理的食塩水など数種類の液体を流しながら脂肪を吸引する方法です。
流す場所は脂肪層と呼ばれている部分です。

【ドライ・メソッド脂肪吸引法】
前述の「ウエット・メソッド脂肪吸引法」とは異なり、こちらは何も液体を入れない状態で脂肪を吸引する方法です。


この他にもまだ吸引方法はありますが主なものを紹介しました。
大体のイメージだけでも掴めたらと思いますので参考にしてみてください。
posted by 脂肪吸引.net管理人 at 12:57 | 脂肪吸引の方法
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。